スポンサードリンク

2014年11月14日

田原総一朗 80歳の大恋愛

■ジャーナリストの田原総一朗氏(80)が13日、フジテレビ系「ノンストップ!」の取材に対して、高校時代の同級生(79)と目下、熱烈恋愛していることを打ち明けた

■先日の『徹子の部屋』へ出演した時もこの熱愛の話しをしている

■高校時代から美しく知的な女性だったという彼女と再会したのは、60歳過ぎてから催された同窓会で。その彼女は79歳になった今でも「美しく老いたな」と田原氏がうっとりするほどだという。

■田原氏の方から誘って「食事したり、芝居を見に行ったり」と月に2回程度、デートしている。2人の会話は政治や経済といった固い話題も多いそうだ。

■田原氏の2度目の妻の元日本テレビアナウンサー、節子さんは2004年、がんのため死去した。節子さんは最愛の妻で、田原氏はその際、2度も自殺を考えたと伝えられている。

■同級生の彼女はずっと前に夫を亡くし、今は独身だという



田原総一朗(たはら・そういちろう)経歴(プロフィール)
1934年〜(昭和9年〜)ジャーナリスト。滋賀県生まれ。早稲田大学文学部卒業後、岩波映画、テレビ東京を経て1977年、独立。評論家、ジャーナリスト、テレビの司会者としても活躍。著書に「日本の官僚」「日本の戦争」「日本の政治」「日本の戦後」など150冊を超える


■著書
『電子戦争・メディア戦争』文藝春秋
『原子力戦争』筑摩書房
『遺伝子産業革命』文藝春秋
『電子戦争・メディア戦争』文藝春秋
『独創人間ここにあり 先端技術のトップランナ−』新潮社
『8人の超権力者 その力の源泉をさぐる』学陽書房
『現代青春の映像―しなやかな独歩行』時事通信社
『生存への契約 誰がエネルギーを制するか』文藝春秋
『日本のパワー・エリート この人びとが、あなたの運命を変える』光文社
『人を率いる トップリーダーの研究』学陽書房
『日本のパワー・エリート この人びとが、あなたの運命を変える』光文社
posted by ニュース早わかり at 05:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。